FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



今年一年、ありがとうございました。
2014年は、私たちにとって、感謝の一年でした。

<2014年の歩み>

3月 バイブルプレイヤーズ(第1弾)発売

3月 説明会 東京&関西
 
5月 説明会 長野

6月 長野大会

8月 第1回 公式大会 in 東京

8月 開発チームブログ開設

11月 バイブルプレイヤーズ 第2弾 発売

11月 第2回 公式大会 in 関西

*説明会は他にもありましたが、
私たちがお手伝いさせていただいたところのみ。


「聖書を題材としたトレーディングカードゲームを!」という
夢と祈りが、聞き遂げていただけた一年となりました。

遊んでくださった方々、
応援してくださった方々、
支えてくださった方々、
そして、何よりも、販売に踏み切ってくださったことば社の方々、
そして、もちろん!、神さまに感謝いたします!

「子どもたちに、福音を。
そして、教会に子どもたちを」

この夢と祈りは、来年も、それ以降も続きます。
引き続き、応援とお祈りをお願いできればと思います。m(_ _)m

バイブルプレイヤーズ開発チーム 
スポンサーサイト
 2014_12_30



今日は、第2弾も使ったエステルデッキのご紹介。^^

エステル

第1弾から人気が高かった「王妃エステル★」。

第2弾も組み合わせて、こんなデッキは、いかがでしょう?

<必要なカード>

エステル★ ×1
ギデオン ×3
ルツ ×3
サラ ×3(マタイでもOK)
アルパヨの子ヤコブ ×2
一粒の麦~ ×3
求めよ~ ×3
祈り ×12

(あとは、お好みで。♪
アブラムを入れてもいいし、マルタも、Good!)

①まずは、祈りを手札に集めながら、手札を増やします。
 エステル★を入れて、がんばって、11枚集めます。

②ギデオンを、できれば、ふたりぐらい場に出します。
 祈りをつけてもいいですが、完成させないように・・。

③上の準備が整ったら、エステル★を場に出します。
(このとき、手札が、10枚以上あること。
仮にここでは、10枚あったとします。)

 エステル★の能力で、2枚引き・・、(これで、手札が12枚)
 相手に6枚選んでもらいます。(残りの手札は6枚)

 このとき、祈りつつ、最低でも、祈りを3枚は選んでもらいましょう。^^;
 その祈りを、全部、ギデオンにつけます。

④ギデオンの上の能力を使って・・・、
 (うまくいけば、この時、サラなどが場に出て、さらに手札の祈りが増えます。♪)

 そして、ギデオンの下の能力を使い、
 場の祈りのついていない人物を、エステル★も含めて、山札に戻します。

 そして、もう一度、山札から、エステル★登場!!
 この時、手札が6枚ありますので、もう一度、エステル★が出せちゃうのです。

⑤エステル★の能力をもう1回使って・・、
 先ほど選んでもらえなかった祈りを、場の人物につけます!

意外と、これで、3列完成しちゃいます。(^^)
(ダメなときは、ダメですが・・・。)

是非、お試しあれ!

 2014_12_27



ライフクリエイションの方から、
「第2弾は、デッキ+拡張で」というご要望でした。

そこで、私たち開発チームとしては、
幾つかデッキの候補を作ったのですが、
やはり、「ダビデで行こう!」ということになりました。
(次候補は、「クリスマスデッキ」。^^)

ただ、ご承知のとおり、ダビデ物語は長いですので、
どこを、カードゲームで表現しようか、迷いました。

そこで、登場人物たちが多く出てくる、
サムエル記上を、デッキのテーマにさせていただきました。

  預言者サムエルが登場し、
  神さまの命令に従い、サウル王を選ぶ。

  しかし、そのサウル王が、過ちを犯し、
  神さまが、別の王を選ぶように、サムエルに命じ、
  少年ダビデが、選ばれる。

  サウル王は、少年ダビデが成長するにつれ、
  自分の身が脅かされるのではないかと疑い、
  ダビデを殺そうとしていく・・・。

このあたりを、デッキとして表現しました。

ただ、プレイしていただいた方は分かると思うのですが、
ゲームの戦略上、少年ダビデの方が先に出ちゃうんですよね。

本当は、聖書どおりに、
「サムエル→サウル王→少年ダビデ」
としたかったのですが・・、
どうしても、サウル王が、周りの人が信じられなくなる様子を
表したくて、あのようなテキストになりました。^^;


それでは、各カードの説明ですが・・・、

少年ダビデ

少年ダビデは、
小さくても、ゴリヤテを倒した力強い感じを表現しました。
小石を投げて、相手を倒す感じです。^^


サウル王

サウル王は、前述したとおり。
疑心暗鬼になり、周りの人を退けていくテキストです。


勇者ダビデ

勇者ダビデは、
詩篇を多く残したダビデらしく「祈りの人」。
ドラ○エの勇者ではなく、「信仰の勇者」です。^^


主は私の力

★聖句の「主は私の力、私の盾」も、
どうしても、ダビデの詩篇から選びたくて、
そうさせていただきました。

そして、ダビデデッキ収録の祈りも、
第1弾では、主の祈りでしたが、
詩篇23篇にさせていただきました。^^

ダビデデッキ。
イラストも、かっこいいので、わたしもお気に入りのデッキです。


ゴリヤテ

あ、ちなみに、ゴリヤテは、
「どーーーーん」って感じです。^^;

 2014_12_25



メリークリスマス♪
バイブルプレイヤーズ開発チームのIです。

バイブルプレイヤーズをやってみた その5 をUPしました。
http://youtu.be/p84lZtu4n6E

今回はクリスマススペシャル なんと クリスマスデッキ VS クリスマスデッキ をお届けします。
どちらが勝ってもメリークリスマス♪
クリスマスの祝福と喜びとが、みなさんに豊かにありますように。
 2014_12_24



バイブルプレイヤーズ開発チームのIです。

バイブルプレイヤーズをやってみた その4 をUPしました。
http://youtu.be/AyijLvAB57c

今回は拡張カード対決 クリスマスデッキ VS 使徒デッキ をお届けします。
クリスマスデッキの連勝なるか!?

 2014_12_22



ギデオンの2つめの能力について


<人物>ギデオン
・この人物に3枚目の祈りをつけたとき、上の能力は使わずに、
自分の場の祈りがついていない人物をすべて山札に戻す。
そうした場合、山札から人物を1人選び、場に出す。(そのあと山札をシャッフルする)


このとき、場に出すことができる人物も、
場に出す条件がある場合、その条件を満たしていることを前提としてください。

本来ならば、一つのめの能力には書いてある
(ただし、場に出す条件がある人物は、それを満たしていること。)
という文章があるべきでした。
お詫びいたします。

今後も、
「人物を場に出す場合、また聖句を唱える場合、
それに条件がある場合、その条件を満たしていること」
というのを、ルールとしての原則としていただければ、と思います。

ライフクリエイションのほうにも、
公式HPのギデオンのQ&Aで、対処していただけるよう
お願いしました。

また、公式大会の前には、混乱がないよう、
「ベタニヤのラザロ」のテキスト訂正と共に、
参加者全員に告知させていただきたいと思います。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

開発チーム一同

ギデオン


 2014_12_22



速報です。(^^)

東京大会の開催が決定したそうです! \(^o^)/ 

公式HPで、発表されました。

ただ、今、公式HPでは、「3月28日(金)」となっていて、
多分、「3月28日(土)」の間違いだと思います。

そして、「エントリー開始」となっていますが、現在、リンク切れです。(><)

担当の方から聞いた話によると、エントリーは、年明けを予定しているようで、
正確な情報は、もうしばらく、待ったほうがよさそうです。

*もう、エントリー、できるようですね。^^

でも、開催そのものは決定のようで、
ついに、第2弾環境での、ガチ対決が始まります!

開発チームも、ワクワクです。

*レギュレーションは、第1弾&第2弾(ダビデデッキ+拡張セット)です。
(簡単に言えば、全部!)
形式等は、決まり次第、告知します。

 2014_12_18



バイブルプレイヤーズの「ゲームとしてのこだわり」を
書かせていただいています。

これで、一応、最後。^^

こだわり⑤
「スピード感を大切に」

ゲームのスピードにも、かなりこだわっています。

特に、子どもは、飽きっぽいところがあるので、
当初、1ゲーム10~15分を目指しました。^^
(*現在は、第2弾の登場により、
デッキによっては、もう少し時間がかかります。)

多くのカードゲームは、
クリーチャー(バイブルプレイヤーズで言うところの人物)を出すと、
そのターン、攻撃ができません。
(「召還酔い」と言ったりします。)

実はバイブルプレイヤーズも、当初、
「場に出したばかりの人物には、祈りをつけることができない」
というルールがありました。
「先行が有利かな?」と思ったからです。

でも、テストプレイしていくうちに、
あまり、先行・後攻の差がないことに気づきました。

そこで、もう、1ターン目からガンガン行けるようにしたのです。^^

このスピード感は、良かったと思っています。

そして第2弾から、相手のターンも、動けるようにしました。
特に、わたしが、せっかちな性格で、じっと待っているのが大嫌い・・・。^^;
そのため、相手のターン中も、動けるようにすることが悲願でもありました。

開発にも、性格が出るのかも知れません。^^


こだわり⑥
「数字が少ないバイブルプレイヤーズ」

バイブルプレイヤーズの、おそらく最大の特徴、
それは、極端に、数字が少ないことだと思っています。

通常のカードゲームは、
強さを表す数字が書かれています。「パワー 6000」とか。

私たちは、聖書の人物たちを、数字で評価することを
最初から避けました。

また、ゲーム中に、足し算・引き算などの計算をするのが
面倒なので・・・、(特にわたしが・・・^^;)
なるべく、数字を排除しました。

そこで、バイブルプレイヤーズでは、
数字は、「3枚、3列」、そして、「○枚めくる」ぐらいにして、
視覚的にも、感覚的にも、分かりやすいものにしました。^^

これは実は、最初、すごく心配しました。
子どもは、「パワー 6000」とか、数字を見て、
「これ、ツエーー」とか言って、判断するからです。

でも、結果的に、子どもも、
「トマス★、ツエーーー」とか、
テキストを読んで、判断してくれていて、
嬉しい限りです。(*^_^*)


こだわり(おまけ)
「何弾になっても、『イエス』という人物カードは出ません(笑)」

これは、「ゲームとして」というより、信仰的なこだわりです。

バイブルプレイヤーズは、実は、第1弾から、イエスさまは出てきています。♪

そう!、聖句が、そうですし、
人物たちも、イエスさまに向かって、祈っているのです。^^

でも、人物カードとしての「イエス」は、
私たちが開発に関わっている限り、出すつもりはありません。
(イエスさまを、手札にするなんて、
わたしには畏れおおくて、できませんしね。^^)

説明会の時も、ある子から、「イエスさまは、出てこないの?」と聞かれました。
わたしが、「イエスさまは、カードにできないでしょー」と答えると、
その子は、「そうだよね。イエスさまは、みんなを、勝たせなきゃいけないもんね」と答えました。

いい答えですね。
 2014_12_17



前回の続き。

バイブルプレイヤーズの「ゲームとしてのこだわり」を書かせてもらっています。^^

こだわり③
「まわるデッキを」

デッキがスムーズに動くことを
「デッキがまわる」と言います。

カードゲームの中級者~上級者は、
デッキがまわるのは、当たり前の感覚だと思います。

けれども、実は、子どもには、これが難しいのです。

一つは、資金的な制約があります。
デッキの必須カードが、ゲームによっては、なかなかそろいません。
わずかなお小遣いや、月に1~2回、
パックを買ってもらうぐらいでは、なかなか「まわるデッキ」が作れないのです。

そしてもう一つ。
子どもの性格でしょうか?
「とにかく強いカードがたくさん入っている = 強いデッキ」
と思いこんでいる子が多いのもその原因です。^^;

そこで、特に、第1弾の基本デッキ×2は、相当まわるデッキにしました。
子どもたちに、デッキがまわる楽しさを知ってもらいたかったのです。^^


こだわり④
「バイブルプレイヤーズは、動きにも、こだわってます」

バイブルプレイヤーズは、カードをプレイしたときの
手の動きなどにも、こだわっています。

「どうも、この動きは、美しくない!」
(と開発チームが思っている)動きのカードは、不採用にしてきました。^^;

プレイしていて、気持ちがいい。
手の動きにも、不自然な動きがなく、
また、ほどよく手を動かすカードゲームを、目指しています。

まぁ、でも、若干、シャッフルが多いゲームだったかなぁという
反省もありますが・・・。(あはは・・・^^;)


ザアカイ

「ザアカイ、ザアカイ、ザアカイ・・・」は、
ホントに、気持ちがいい動き。♪


 2014_12_16



バイブルプレイヤーズ開発チームのIです。

バイブルプレイヤーズをやってみた その3 をUPしました。
https://www.youtube.com/watch?v=MV3MADJF4Jw

今回は12月ということで クリスマスデッキ VS 第1弾 ヤコブ・ヨハネデッキ をお届けします。
最初、ちょっとピントが合っていませんが、ご辛抱ください(^_^;)
 2014_12_15




11  « 2014_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

バイブルプレイヤーズ開発チーム

Author:バイブルプレイヤーズ開発チーム
このブログは、発売元であるライフクリエイションから公認をいただいていますが、開発チームのTとIによる私的なブログです。^^

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。